シミ治療と併用したいおすすめの化粧品

シミ治療に強いクリニックが多くなり、誰にとっても身近になったシミ治療ですが、予防や対策も怠るわけにはいきません。 シミ治 … 続きを読む シミ治療と併用したいおすすめの化粧品

この記事は約6分で読み終わります。

シミ治療に強いクリニックが多くなり、誰にとっても身近になったシミ治療ですが、予防や対策も怠るわけにはいきません。

シミ治療だけに頼らず、普段からできる予防や対策としてできる最も簡単な方法が、ケアアイテムの見直しです。ここではシミ治療と併用したい、おすすめの化粧品をご紹介します。

シミを予防できるとされている化粧品

まずは、シミそのものが発生しないよう、予防することが大切。シミ予防のために選びたいのは、以下のような成分が配合された化粧品です。

・アルブチン

・リノール酸

・エラグ酸

・カモミラET

・プラセンタエキス

これらは、『美白化粧品』として販売されている商品に配合されることの多い成分です。

コケモモや梨などからとれるアルブチンや、ナッツ類などに含まれるリノール酸、カモミール由来のカモミラETなど、自然界に存在する成分ばかり。由来はそれぞれ異なりますが、共通するのはメラニン色素を生成するメラノサイトへのアプローチが期待できる点です。

シミの原因は、細胞内に存在するメラノサイトによって作り出されたメラニン色素です。紫外線や肌の炎症など肌がダメージを受けた際に生成されるメラニン色素は、正常なターンオーバーが起こると徐々に排出されていきます。しかし、ターンオーバーが正常でなかったり、新たなダメージを受けたりすると色が濃くなり、シミへと発展してしまいます。

しっかり紫外線対策しているから、自分はそんなに肌へダメージを与えていないはず。そう思っている方は多いのではないでしょうか。

実は、普段のスキンケアやメイクによる肌への「ちょっとした負担」も、メラニン色素生成を引き起こす立派なダメージなのです。

紫外線対策用のアイテムをしっかり塗ってダメージ対策しているつもりが、塗る行為自体がダメージになっている可能性もあります。

メラニン色素の生成を抑えたり、色が濃くなったりすることを防ぐために、こちらでご紹介したメラノサイトのはたらきを抑える成分を積極的に活用しましょう。

たとえば、こちらの『スキンシークレット EGFブースト』はプラセンタエキスが配合されています。ナノコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸と肌の保湿に欠かせない成分も含まれており、正常なターンオーバーに必要な健康的な肌づくりも考えている方におすすめです。

目次へ

できてしまったシミに良い化粧品

予防で新しいシミの発生を抑えつつ、すでにできてしまったシミへの対策もしたいところ。そこで、すでにあるシミにおすすめの成分もご紹介します。

上記の予防のための成分に加え、以下のような成分が使用されている化粧品を選ぶようにしましょう。

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

ビタミンCは肌の健康を維持するために必要なコラーゲンにとって、とても重要な存在です。そのため普段使いする化粧品で皮膚塗布しておきたい成分なのですが、不安定な成分でもあり、そのまま使用しても数時間程度で変化してしまいます。

そんなビタミンCの不安定さを改善する目的で生まれたのが、ビタミンC誘導体です。水溶性と脂溶性の2種に分かれ、それぞれ水溶性は「即効性」、脂溶性「角質層への浸透力」という長所を持っています。

両方の特徴を持った新しいAPPS(アプレシエ)というビタミンC誘導体もあるため、化粧品の成分表示をチェックする際の参考にしてみてください。

こちらの『スキンシークレット ホワイトニングブーストWNB』のように水溶性と脂溶性の両方が配合された化粧品もあります。

・水溶性ビタミンC誘導体・・・リン酸アスコルビルMg

・脂溶性ビタミンC誘導体・・・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ちなみに、上記の項目でご紹介したシミ予防におすすめの成分(アルブチン)も配合されています。

もうひとつのシミ対策におすすめの成分、ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれる成分です。その強い作用から、高濃度の配合は処方薬にのみ許されています。低濃度であれば市販品にも使用が許可されているため、現在は手に入れやすくなりました。

他にもシミ対策に良いとされる成分がありますが、この2成分の魅力的な点は、メラニンの生成を抑えつつ、シミになった部分の色素も薄くする「還元作用」があることです。

どちらも市販されている美白用化粧品に含まれることの多い、身近な成分です。ただし、使用する際の濃度によっては肌への刺激を感じることがあるため、肌が敏感な方は目立たない場所でパッチテストを行いましょう。

目次へ

本気でシミを消したいなら美容皮膚科のシミ治療

化粧品にできるのは、あくまで予防や対策です。シミを隠したり、目立たなくしたり、予防する程度にとどまります。

薄くなったシミはメイクをすれば隠れますし、多少は色の残るシミであっても、コンシーラーでカバーすることはできるでしょう。しかし、根本的な解決にはなっていません。

すでにできてしまった、気になりはじめたシミをきちんと治療したいのであれば、クリニックで専門医に相談することをおすすめします。

上記のシミを予防する化粧品の項目でも解説しましたが、シミの原因であるメラニン色素の生成は、ちょっとしたダメージによる場合もあります。

「この程度ならコンシーラーで隠れるから大丈夫だろう」とシミのある部分にコンシーラーを塗り続けていると、その刺激がシミを濃くする原因になり得るのです。

シミを残してごまかし続けたり、その場しのぎの対策で濃くなるリスクを背負ったりするよりも、根本的な治療を考えてみてはいかがでしょうか。

レーザー治療や美容医療と聞くと、人によっては躊躇してしまうかもしれません。顔にメスや注射針を入れるイメージを持っている方や、レーザーを当てることに不安を感じる方も多いでしょう。

実際のシミ治療は、肌に優しいレーザーを使用したり、状況や希望に応じて内服薬や外用薬を処方したりと、痛みを伴わない方法も多いです。麻酔を要する場合も、注射針を刺さずに麻酔をかけられる麻酔テープを使用するなど、痛みへの配慮がなされています。

そのため、いざ相談をして詳しい治療内容を聞いてみると、意外と抵抗感なく治療へ進むことができるものです。

たとえばケミカルピーリングは、ターンオーバーに邪魔な古い角質を除去することで表皮のシミを除去します。レーザーでは取り除けない肝斑やがんこに残るニキビ跡など、幅広い用途が魅力的な方法です。

レーザー治療も皮膚のメラニン色素にのみ反応するものや、肌のコラーゲン生成を促すものなど、種類も照射される光の強さも複数のタイプが存在します。アプローチしたい部分にのみ照射できるタイプもあり、肌に余計な負担をかけずに治療を受けたい方におすすめです。

目次へ

まとめ

シミ治療は、誰でも手軽にクリニックで受けられる時代です。

市販されている化粧品を購入する際に、ちょっとした配合成分の違いに注意するだけで予防や対策はできますが、治療を考えるならクリニックへの相談も検討してみてください。肌に優しく、抵抗感のない治療方法も多いため、まずは自分に合ったシミ治療は何か聞く程度の気軽な気持ちで受診してみてはいかがでしょうか。

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ