老け顔の原因とは?改善するための4つの方法

実年齢より老けて見られる老け顔。なんだか損した気分になりますよね。 昔は「大人っぽい」と言われていても、ある程度歳を重ね … 続きを読む 老け顔の原因とは?改善するための4つの方法

この記事は約8分で読み終わります。

実年齢より老けて見られる老け顔。なんだか損した気分になりますよね。

昔は「大人っぽい」と言われていても、ある程度歳を重ねると、老けて見られるのは悩みの種。

この記事では老け顔の原因と改善するための方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

老け顔の特徴とは?

そもそも、老け顔は一体どんな顔のことでしょうか?老け顔の特徴は主に4つあると言われています。

肌のたるみ

年齢を重ねると肌の水分量が減り、肌にハリや弾力がなくなっていきます。その結果、頬やあご回りの肉が垂れ下がり、たるみに。年齢に関係なく、肌にたるみがあると、実年齢より老けて見られます。

ほうれい線がある

中高年になると、顔の筋力が衰えるため頬の脂肪がたるみ下に落ちていきます。これが、鼻の脇から口元にかけて一本の線になり、ほうれい線がくっきりと出来上がってしまうのです。

よく「ブルドック顔」と言われますが、これはほうれい線が濃く深くなっていき、その上に頬の脂肪が乗ってきてしまった状態です。

若くても、ほうれい線がくっきりとあると、一気に老けて見られてしまいますよね。ほうれい線は、口の横幅が大きい人、顔に脂肪がついている人に出やすい傾向もあります。ご自分の顔のパーツの配置を今一度確認し、ほうれい線が出やすい人は、少し念入りにケアをすると良いでしょう。

シワが多い・深い

シワが多い、深い人も老けて見られます。特に乾燥肌で目元にちりめんジワがたくさんあると、笑ったときなどに「あれ?実は思ったより年上かも?」と思われてしまうでしょう。

若い人で20代から乾燥によるシワが増えてきます。保湿をしっかりと行い小さなシワでも定着させないようにケアをすることが必要です。シワは紫外線にあたると深く固定されてしまうため、紫外線対策もしっかりと行いましょう。

肌のくすみ

子供の肌を見ればわかるように、若い肌は明るく、健康的な血色をしています。しかし、血行不良やたるみによる影で顔色がくすんで見えると、それだけで不健康な印象を与え、老けて見られるでしょう。目の下のクマも、疲労した印象を与えて、老け顔の原因に。

顔の形が四角

若年層と中高年層の顔の形を比較したデータによると、年齢を重ねるにつれて、卵型が減り、四角型が増えていくという結果がでています。

頬やあご回りの肉が重力に負けてたるみが出てくると、顔の形は四角に近づいていきます。そのため、肌にたるみのない20代であっても、顔の形が四角い形だと老け顔と言われてしまうこともあるのです。

老け顔の原因は?肌の老化と姿勢に注意!

それでは、老け顔を作る原因は一体なんでしょうか?自分に当てはまる原因を突き止めて、しっかりと対策をすることが脱・老け顔のためには大切です。

肌の乾燥

人間の体の多くは水分でできています。乳幼児のときに70%ある水分は、中高年になると50%にまで減少してしまいます。

また、近年は夏場でもエアコンのきいた部屋にいますので、一年中乾燥した環境にいる方が多いでしょう。肌の中にある水分ももちろん減ってしまいます。乾燥が進むと、肌のシワはどんどん増えていくでしょう。

さらに、人間の肌の一番外側にある「表皮」という層では、コラーゲンやエラスチンというたんぱく質が肌を形作っています。コラーゲンは柱のような役割で、肌のハリを与えてくれていますが、加齢とともにコラーゲン量は減少。すると、柱は低く、数も少なくなり、肌のハリが失われてしまいます。

姿勢の悪さ

ずっとうつむいた姿勢でスマホを見続けていたり、猫背のままデスクワークをし続ける姿勢は、肌のたるみを引き起こし、老け顔の原因となる可能性があります。

うつむいた姿勢も猫背も、あごが前にでるため首の前側の皮が伸び、その皮とつながっている顔の皮膚が下にひっぱられてしまいます。重力以上に顔の皮膚に対して下への力が働いているため、たるみや二十あごになりやすくなってしまうのです。

さらに、人と話す機会も減ると、口元や頬の筋肉も衰えてくるため、たるみの原因となります。特に、口角を動かす、あごの関節から口の両端につながる頬筋(きょうきん)が衰えると、口角が下がり、不機嫌な印象となってしまいます。

顔の形やパーツの位置など

人の顔の印象は、顔の長さとパーツの配置で決まると言われています。老け顔、大人っぽい顔の印象が強い人は、顔が長く四角顔の人が多いです。パーツは「目と目の間が狭い」「額がせまくてあごが長い」「目と口の間が広い」という特徴を持っています。

これにより、落ち着いた印象や、知的な印象を与えます。

反対に子供っぽい顔つきの人は、丸顔、たまご型の顔で、「目と目の間が広い」、「額が広くて顎が短い」「目と口の間が狭い」という特徴をもっています。活発で若々しい印象を与えるパーツの配置です。

老け顔を改善したい!良いといわれている4つのポイント

この章では、老け顔を改善するためのポイントをご紹介します。今日からできることばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

保湿をしっかりと行う

老け顔対策の基本は保湿。比較的まだ若い年齢でのシワやたるみは保湿をしっかりと行うことで対策できます。肌に必要な「水分」と「油分」を正しく与えてあげましょう。

化粧水で「水分」を補給してあげた後に、必ず乳液やクリームの「油分」で肌の中の水分が蒸発しないように「フタ」をします。

目元や口元など、乾燥しやすい場所は、ワセリンなどの油分をうすく塗ってあげるのも水分が蒸発しないためには有効です。

また、水分、油分に加えて、肌に水分をとどめて潤いをキープしてくれる、セラミド入りの化粧水を使うのもベターです。セラミドはいくつかの種類がありますが、最も保湿力が高く注目されているのが「ヒト型セラミド」です。成分表には「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」などと記載されていますので、確認してみましょう。

一方で30代後半から40代にかけて老け顔になってきたという人は、これまで使用していた化粧水や乳液を見直してみるのも一つの手です。

肌は加齢とともに質が変わってくるため、化粧品もそれに合わせて、最適なものに変えていく必要があります。

更年期を迎える40代後半では、女性ホルモンの急激な減少からさらに乾燥が進むことがありますので、化粧水を使ったシートパックや、保湿力の高い化粧水や乳液に変えてみると良いでしょう。

食事に気を付ける

老け顔を改善するためには、アンチエイジングが期待できる「抗酸化物質」を含む食材を積極的に食べるのがおすすめ。肌の保湿を促す食材を正しく選択して摂取していれば、体の内側から肌が変わるので、化粧品の効き目もよくなるでしょう。

「抗酸化物質」として最も有名なのが「フィトケミカル」または「ファイトケミカル」と言われる、緑黄色野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶、などの色素や香り、アクを形成する成分。抗酸化だけではなく、免疫力アップなど体に嬉しい作用があると言われています。

1500種類以上もあると言われているフィトケミカルの中で、身近な食事から摂取できるのが、カロテン、ポリフェノール、カテキンなどです。カロテンはニンジン、カボチャ、ほうれん草に多く含まれる成分です。油と一緒に摂取すると吸収率が高まりますので、炒め物にするとよいでしょう。

ポリフェノールはブルーベリー、ぶどう、いちごなどに多く含まれる成分。ワインにも含まれているので、お酒の席ではワインを選択してみましょう。また、カテキンは緑茶に多く含まれる成分。こちらもワインと同様、飲むだけで抗酸化してくれるので、今日からすぐに始められますね。

また、「オメガ3系脂肪酸」の良質な脂質も、ダメージを受けた細胞を修復したり、肌に水分をキープしてくれる「セラミド」という物質の材料になります。「オメガ3系脂肪酸」は、アマニオイル、エゴマ油、イワシやサンマ、サバやツナなどの缶詰にも多く含まれています。α-リノレン酸やEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)とも表記されています。

適度な睡眠を取る

睡眠不足は肌の老化を早め、老け顔の原因に。人間の体は、睡眠中に「成長ホルモン」が分泌され、紫外線などの影響でダメージを受けた肌の修復や、新しい肌の生成をしてくれます。成長ホルモンは夜の10時から深夜2時にかけて深い睡眠を得られていると、最も多く分泌されると言われています。

また、適度な睡眠を取ることで、血流が良くなり、肌にも栄養がよく行き渡ります。栄養が行き届くと、新しい肌が再生する「ターンオーバー」が活性化してくれます。睡眠不足が続くと、肌のターンオーバーが乱れてしまうので、シミやくすみの原因となり、老け顔が進行してしまうのです。

顔のエクササイズをする

老け顔の原因の一つは顔の筋肉の衰え。顔の筋肉は「表情筋」と呼ばれますが、表情筋が衰えると、その上にある皮膚や脂肪を支えきれなくなり、たるみの原因となります。また、口元周りの筋肉が衰えると、口角や頬が下がり、不機嫌な印象を与え、さらに老け顔に見られてしまうでしょう。

衰えた筋肉は、からだの筋肉と同様に、エクササイズで取り戻すことが可能です。例えば、一日に数回、口角をグッと押し上げて笑顔になるエクササイズをするだけでも違います。意識的に表情筋を使うと、それだけ顔の筋肉も鍛えられますし、表情も生き生きとしますので若々しく見えるのです。

まとめ

いかがでしたか?老け顔に見られる原因と、4つの改善方法をご紹介しました。保湿や食事、睡眠と顔のエクササイズで、老け顔を解消し、コンプレックスを吹き飛ばしてしまいましょう!

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ