かゆみの原因は乾燥肌?保湿や入浴方法で改善できる?

冬になると肌が乾燥してかゆみが出るという人は多いですよね。一度かゆみが出ると、気になって仕事や家事が手につかなかったり、 … 続きを読む かゆみの原因は乾燥肌?保湿や入浴方法で改善できる?

この記事は約6分で読み終わります。

冬になると肌が乾燥してかゆみが出るという人は多いですよね。一度かゆみが出ると、気になって仕事や家事が手につかなかったり、寝つきが悪くなったりして生活の質も落ちてしまいます。この記事では、乾燥肌やかゆみの関係、原因と、乾燥肌によるかゆみの対策方法についてご紹介します。

乾燥肌とかゆみの関係

まずは、乾燥肌とかゆみの関係について理解しておきましょう。

かゆみの原因は乾燥肌

特に皮膚疾患などがない場合、かゆみの原因は、肌の乾燥によるもの。特に中高年になると、肌の保湿力は下がり、皮膚に水分をキープしておく力は低下してしまうので、男性でも乾燥肌になりやすくなります。

乾燥する場所は、もともと皮脂が少ない目元、口元、脚のすねや背中などです。顔の乾燥肌を放置してしまうとかゆみだけではなく、シワやたるみの原因ともなります。

肌は外側から表皮、真皮、皮下細胞の3層で成り立っており、一番外側の表皮の中でも最も外側には「皮脂膜」という皮脂でできた膜が存在します。皮膚の中の水分が蒸発しないように膜を作ってくれているのです。しかし、乾燥した皮膚ではこの皮膚膜が乱れたり、少なくなったりしていて、水分が蒸発しやすい状態になります。

皮膚の表面が皮脂で潤っていないと、外部からの刺激のバリア機能がないため、紫外線やほこりなどの影響を受けて、赤みの原因になったり、粉を拭いたりしてかゆみの原因になるでしょう。

乾燥状態を放置しておくと、かゆみと炎症が生じる「皮脂欠乏性湿疹」や、「アトピー性皮膚炎」を発症してしまうことがあります。かゆみがひどくなったり、発疹が表れたりしたら、なるべくかかないようにし、皮膚科に相談にいきましょう。かくと炎症がひどくなり、ひどい時には出血してしまうため、氷水で患部を冷やしてかゆみをおさえたり、クリームなどをぬったりして乾燥を一時的に押さえてあげるのもいい方法です。

かゆみを悪化させない乾燥肌対策

かゆみの原因が乾燥肌の場合は、自宅でもケアすることができます。ここからは、かゆみを悪化させない乾燥肌対策をご紹介します。

熱いお湯に長湯はNG!肌に優しい入浴法を

熱いお湯につかっていると、肌が潤うような気がしますが、実はこの方法はNG。むしろ肌の乾燥をひどくしてしまう入浴法。熱いお湯は、肌から皮脂を奪うため、お風呂から上がったあとにより一層肌が乾燥しやすくなってしまいます。ベストのお湯の温度は40℃以下です。

また、石鹸やボディーソープを使って、タオルなどでごしごしと肌を洗っていませんか?これも肌を刺激し、かゆみや乾燥の原因となるので避けましょう。石鹸やボディーソープは低刺激性のものを選び、しっかりと泡立ててから手をつかって肌を刺激しないように優しく洗うのがベターです。

入浴後も気は抜けません。バスタオルでごしごしと肌を拭いてしまうと、肌表面にあるわずか0.3mmの角質層が傷ついてしまい、さらなるかゆみを引き起こす可能性もあります。バスタオルは肌に軽く押し当てて、水分をふきとるようにしましょう。

入浴後は、肌がしっとりとしている20分以内に化粧水やボディーミルクなどの保湿化粧品を優しく塗布します。部屋の乾燥も大敵ですので、冬場は加湿器やスチーマーを活用して部屋の湿度を調節しましょう。

保湿方法

保湿化粧品の選び方も大切なポイントです。かゆみや赤み、湿疹などが出ている場合は皮膚科でクリームを処方してもらうのもいい選択肢です。自分で市販のものを選ぶ時は、低刺激で、保存料などの化学薬品が入っていないオーガニックな商品を選ぶといいでしょう。

「セラミド」は角質層の中に水分をキープしておく力があるため、化粧水やボディークリームを選ぶ時の基準にしてもいいかもしれません。また、「ワセリン」は、うすい皮膚膜を作ってくれるため、皮膚内の水分が蒸発するのを防いでくれます。目元や口元など部分的に使用するためには便利です。

食事

普段の食事も、肌の乾燥を緩和する工夫の一つ。特に肌の保湿に欠かせない栄養素はビタミン類です。

ビタミンAは、肌表面の皮脂膜を保護したり、皮膚内部の潤いをキープする働きがあったりします。ビタミンAは、レバー、うなぎ、卵に含まれる「レチノール」と、ほうれん草やにんじん、かぼちゃなど緑黄色野菜に含まれる「βカロテン」がありますので、バランスよく摂取しましょう。

ビタミンEは肌のバリア機能を高めてくれるので、ほこりや紫外線などでかゆみが出やすい人は積極的に摂取したい栄養素です。ゴマやナッツ類、アボカドや、大根・カブの葉っぱに多く含まれています。

ビタミンB2は、細胞の再生と皮膚成長を促すはたらきがあるので、かゆみで肌が荒れてしまった人に向いています。レバー、豚肉、うなぎ、納豆、牛乳などに多く含まれています。肌の皮膚再生を促進するのでシミにも効果が期待できるといわれています。

ビタミンCはコラーゲンの合成を促進してくれるはたらきがあり、健康で健やかな肌を再生してくれるのに役立ちます。いちごやキウイなどのフルーツ、キャベツなどの野菜に多く含まれています。加熱したり水に長い間つけたりしていると流出してしまうので、食べる前にカットして、生で食べるのがおすすめです。

逆に、アルコール類や香辛料が強い食べ物は、肌への刺激となり乾燥肌やかゆみをひどくしてしまう恐れがあるため、控えるようにしましょう。

睡眠時間や衣服など生活スタイルの見直し

睡眠時間が不足すると、肌の内側に水分をキープしておく力のある「セラミド」の量が減って乾燥肌が進行してしまいます。そのため、成長ホルモンが分泌し肌の再生が進む夜10時から夜中の2時までのシンデレラタイムは睡眠を取るように心がけ、一日7時間前後の適度な睡眠時間を確保できるように生活を改善することもいいでしょう。

また、衣服や寝具も、肌に刺激のない麺やシルクなどの素材を選択すると、肌への刺激が少なくなりかゆみの状態が緩和します。

ストレスも肌の大敵

先ほどご紹介した「セラミド」はストレスによって減少することが分かっています。また、ストレスを受けると私たちの体はストレスに対抗しようと、抗ストレスホルモンとも呼ばれるステロイドホルモンを分泌しますが、このステロイドホルモンが多く分泌されすぎると、皮膚の代謝が乱れてきます。

皮膚の代謝が乱れると、新しい肌の再生も妨げられるので、一度かゆみが収まった場所がなかなか治らなかったり、水分量の多い新しい肌に生まれ変われなかったりといいことは一つもありません。乾燥肌のためには適度な睡眠をしっかりととることが大切なのです。

まとめ

いかがでしたか?乾燥肌がかゆみの原因になってしまう仕組みや、乾燥肌の対策として、入浴、食事、保湿の方法をご紹介しました。続けることが大切ですので、ぜひご自身が実施しやすい方法から試してみてくださいね。

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ