シワ治療として用いられるヒアルロン酸注入!相場や副作用のリスクは?

「高い化粧品やクリームを使っているのに全然良くならない」、「笑うときにも気になる」と顔のシワは悩みの種。 放置しておくと … 続きを読む シワ治療として用いられるヒアルロン酸注入!相場や副作用のリスクは?

この記事は約5分で読み終わります。

「高い化粧品やクリームを使っているのに全然良くならない」、「笑うときにも気になる」と顔のシワは悩みの種。

放置しておくと、年々シミは深く、広くなっていってしまいます。でも、最近は海外セレブやモデルなど、ヒアルロン酸注入を行ってきれいな肌をキープしている人も増え、興味を持っている方は多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、シワ治療として注目されているヒアルロン酸注入についてご紹介します。

目次へ

シワ治療として人気!ヒアルロン酸注入とは?

ヒアルロン酸注入は、目尻や目元などシワが気になる部位に注入することで、凹み部分を盛り上げシワの改善へ導く治療法です。加齢によるたるみで頬やこめかみがこけてきてしまったという場合にも、ヒアルロン酸を注入することによって、肌にふくらみを与える効果が期待できます。

最短で10分など短時間で治療ができ即効性があること、価格がボトックス注射などほかのシワ対策治療を比較してリーズナブルであることから、美容整形が初めてという方にもトライしやすくなっています。

適した部位は、顔全体、目尻、眉間、額、ほうれい線、口唇、鼻、上まぶた、頬、こめかみなど広く、肌の状態に合わせて最適な分子の大きさのヒアルロン酸を選択して注入します。例えば皮膚表面の小さなシワの場合は、ビタールライトという最も小さな分子のヒアルロン酸を選択するケースがほとんどです。

注入するヒアルロン酸の種類にもよりますが、持続効果は3~4ヶ月、または6ヶ月~1年が一般的といわれています。

※個人差があるので、思ったより持続効果はなかったと感じる方も中にいるようです。

ですが、ボトックス注射と比較し、身体にもともとある物質を使った治療ということもあり、安全性が高く、注入したい人の肌の状態にあわせて、気軽にヒアルロン酸注入ができるということも人気を集める理由になっているのではないでしょうか。

目次へ

ヒアルロン酸注入の気になる料金は?

ヒアルロン酸注入は、1本1cc単位で販売されており、何本注入するかで料金は異なります。現在、ヒアルロン酸注入の相場は、1本1ccで約20,000円~90,000円程度のようです。価格に大きな差があるのは、複数の会社から異なるヒアルロン酸の薬剤が販売されていることが関係しているのでしょう。薬の種類によって、持続効果の期間や、滑らかさや柔らかさの質感、ボリュームの出方が異なってきます。同じ薬剤であっても、施術を受けるクリニックにより価格設定は違いますし、有名な先生を指名するとその分高額になることもあります。

0.1cc、0.3cc単位で注射を行っているクリニックもあり、その場合は価格も割安になる傾向があります。しかし、衛生上の観点から、安いからといってむやみに0.1cc、0.3cc単位を選ばないという視点も大切ではないでしょうか。

医療機関で用いるヒアルロン酸注射はほとんどのものが1本1ccが基本となっているようです。そのため、0.1cc単位でヒアルロン酸を注射するには、冷蔵保存して次回に使用したり、ほかの注射器に小分けして使用したりする必要があります。

注射保管中、もしくは小分けする時に雑菌が発生してしまうリスクも当然あるでしょう。劣化したヒアルロン酸を注射することで肌が感染症を起こしたり、綺麗に仕上がらなかったりという可能性も考えられますので、必要な時は医師に管理体制やこれまでの症例についてしっかりと質問し、納得したうえで選ぶようにしましょう。

多くの場合は、1cc1本を購入し、複数個所に使用します。法令線、頬、こめかみなどは、同一種類のヒアルロン酸を注射することができるため、一度に治療をすれば安心ですし、コスパも良くなります。クリニックを選ぶ際には、ヒアルロン酸の衛生管理についてもしっかりと確認をするようにしましょう。

目次へ

ヒアルロン酸注入の副作用

ヒアルロン酸は、ボトックスと異なりもともと体内にある物質を用いた治療ですので、アレルギーやアナフィラキシーショックなどのトラブルがほとんどなく、安心して治療できると言われています。ですが、副作用や失敗の症例は存在しますので、理解したうえでの決断は必要です。

主な副作用としては、注入した部分が凸凹になった、青アザになった、しこりができた、などです。これは医師の技量によるところも大きいためクリニック選びは慎重に行いましょう。ヒアルロン酸注入のシワ治療で、症例数が多く、口コミも高評価なクリニックを選ぶと安心できるのではないでしょうか。

さらに、ヒアルロン酸の種類はたくさんあり、自分の肌状態や、使用する部位によって向いているヒアルロン酸を選択することがとても大切です。十分なカウンセリングが行われずに注射してしまった場合、副作用が出てしまったり、希望通りの肌に仕上げることができなかったりするリスクもあります。

また、すぐに効果が出るからと過剰に注入する事例も増えてきています。施術直後は麻酔クリームや腫れで肌はボリュームがある上体ですが、2~3日するとしぼみ、施術から約1週間で完成するとされています。しかし、膨らんだままになってしまったり、膨らむ幅が広すぎたり、しこりが残ってしまった場合は、過剰注入してしまった可能性があります。

これは、肌状態に合わないヒアルロン酸を選択してしまっているか、注入する医師の技量に問題があったことが原因でしょう。肌への吸収を速めるためのヒアルロン酸分解酵素を追加注入することで、解消できることもあるようですが、さらに費用もかかりますし、お肌への負担も気になります。

質の悪いヒアルロン酸も販売されてきていることから、クリニックで使用しているヒアルロン酸の質が良いかどうかは事前にきちんと調べておきましょう。

目次へ

まとめ

シワ治療に有効なヒアルロン酸注入についてご紹介しました。もともと体にあるヒアルロン酸を使った治療ですので、美容整形が初めてという方でもトライしやすいのではないでしょうか? トラブルを避けるためにも、使用する薬剤が部位や肌状態にあっているかを、しっかりと医師と相談して決めることが大切です。医師の腕、衛生上管理などの視点でも安心・安全なクリニックを選ばれることをおすすめします。

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ