真珠肌な美女医がこだわるのは「ビタミンA」にヒミツあり?

あくまで先生個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

透き通るような真珠肌が印象的な美女医、中村淑子先生ですが、なんと3人のお子様を育てている母でもあります! その若々しい美 … 続きを読む 真珠肌な美女医がこだわるのは「ビタミンA」にヒミツあり?

この記事は約6分で読み終わります。

透き通るような真珠肌が印象的な美女医、中村淑子先生ですが、なんと3人のお子様を育てている母でもあります!

その若々しい美貌でありながら、趣味はアウトドアと話す先生に取材陣も驚きを隠せませんでした。

今回は皮膚科の中村淑子先生に仕事と家庭を両立するコツについて伺いました。記事の後半では、中村先生の美のヒミツにも迫っていますので、お見逃しなく!

美人皮膚科医&母がしている子育てのコツとは?

――多忙な皮膚科医として働きながら、3人の子育てもこなす母でもある中村先生ですが、どのようにしてお仕事と両立ができているのでしょう?

「女医と結婚することは男性と結婚するようなもの……というイメージを描く方も多いですよね。それほど、夫婦ともによく働きますし、だからこそ、家の中のことはお互い協力しあって生活していますね。例えば子供の送迎も送りは主人、迎えは私、とバランスをとっています。

主人が平等な価値観で接してくれるからこそ、支え合って、結婚生活を送ることができているので、とても感謝しています」

――ご主人のあたたかい支えもあってからこそ、なのですね。子育てにおいて大切にしていることを教えてください。

「子供を恐怖で従わせる「恐育」ではなく、「興育」という気持ちで接するように心がけています。子供が興味を持ったことについては、とことん追及してほしいし、できる限りサポートしてあげたいと思っています。

また子ども達にも、掃除や洗濯、料理、お買い物などお手伝いを毎日してもらいます。

どうすればもっと要領よくできるようになるのか……、どう言えば妹に上手に教えられるか……など、家事を通して学べることも多いのですし、思いやりや責任感を感じられる行為を目にすると嬉しくなりますね。何より私が助かるのでどんどんお願いしています!」

――子どもたちと一緒にお出かけするときは、どのような場所に行くのでしょう?

「実はあまり人がたくさんいるような都会の人気スポットは苦手で……。それよりも、もっと自然と触れ合えるような山や川といった場所へアウトドアに出かけるのが好きです!

毎週ぐらいの頻度で子どもたちと、アウトドアグッズを持ってお出かけしていますね。ちょうど最近も、ライン下りをしにお出かけしました。

やっぱり、川のように人の少ない自然では、昆虫などもたくさんいるので、子どもたちも喜びます!」

――ゲームやアプリが発展して、家の中でできる遊びばかりしている子どもが増えている中、中村先生のように、どんどん外に連れて行ってくれる母がいると、子どもたちもさぞ嬉しいでしょうね!

「そうですね、ほかにも家庭菜園のスペースを使って、自分たちで稲籾から稲を育てて、稲刈りをしたこともあります。自宅ではエビとかめだかとか、いろんな生き物を飼っていますよ。

子どもたちがやってみたいと思った事にはどんどん挑戦させてあげたいと思っています!」

――透き通るような真珠肌の中村先生ですが、想像以上のアウトドアっぷりに驚きました! 中村先生のように素敵な母親像は女性の憧れですね。

そんな母であり、美女医な中村淑子先生に、アウトドアをしていても美しい肌をキープしているヒミツを伺うと“ビタミンA”という答えが……?

美しい肌にとって重要な“ビタミンA”の魅力について取材しました。

美しい肌を目指すのなら「ビタミンA」がキーワード

「肌のコンディションを、より良く保つために重要だと考えられているのがビタミンです。特に“ビタミンA”は肌のハリとうるおい、弾力を保つ役割も、ビタミンAは担っています。

このビタミンAが不足してしまうと、お肌のコンディションが乱れ、さまざまな肌トラブルを引き起こすことに……。美しい肌をキープしたいのであれば、ビタミンAをしっかり補給してあげることが大切です」

内側or外側?ビタミンAの補給方法

「ビタミンAを補給したい……となったとき、内側からと外側からの2種類の補給方法が提案できます。

もし“内側”から補給するのであれば、ビタミンAを豊富に含んでいるレバーやうなぎ、ニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜といった食品を摂取すると良いでしょう。

しかし、日本人の食生活では、ビタミンAを多く含んでいる食材を毎日摂取することは難しく、ビタミンAが不足しがちな傾向にあると言われています。一昔前に比べると、日本の土壌が痩せてしまい野菜のビタミン・ミネラルも少なくなってしまっています。なので、足りない栄養素はサプリメントによって補給するとバランスが良いですよ」

「また、毎日の食生活の改善とともに、ビタミンA配合のスキンケアコスメを使って“外側”からの補給方法もご提案しています。

これら、内側と外側どちらも併用することで、より効果を実感できるでしょう」

※ドクターによる監修は、上記のスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

「ビタミンA」を外側から吸収すならコスメを活用しよう

お肌のコンディションを整えるために、食生活を改善して、“内側”からビタミンAを補給していくことは理想的ですが、今すぐにできる美容法も知りたい!という方へ朗報です。
ビタミンAに関する成分「レチノール」などを配合しているコスメを使うことで、“外側”からの肌ケアをすることができるでしょう!※レチノールは、ビタミンAの1つということで、レチノール(ビタミンAの一種)とされています。
「お肌のハリが落ちてきた気がする」とお悩みの方は、ビタミンAに関係している成分配合のコスメを取り入れることで、潤いのあるお肌へ近づいてみては?
そして、せっかくスキンケアをするなら、お顔のマッサージもしながら、贅沢な時間を満喫したい……。そんな方には、ビタミンA成分配合であり、ゲル状クリームのテクスチャーが心地よいコスメもぴったりですね。

先生の体験による成功例の紹介であり、効果効能を保証するものではありません。

中村淑子先生

プロフィール:
北朝霞メディカルクリニック 院長
医院名北朝霞メディカルクリニック
診療時間10:00~20:00※詳細は直接お問合わせください。
電話番号048-424-3950
この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ