痩身治療に成功するのはこんな人!ダイエットの効果を高める秘訣とは。

あくまで先生個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

今や糖質制限や運動など、多岐にわたるダイエット法。美容皮膚科にも痩身治療というアプローチがありますが、まだまだ一般的では … 続きを読む 痩身治療に成功するのはこんな人!ダイエットの効果を高める秘訣とは。

この記事は約5分で読み終わります。

今や糖質制限や運動など、多岐にわたるダイエット法。美容皮膚科にも痩身治療というアプローチがありますが、まだまだ一般的ではなく、『本当に効果はあるの?』と思われる方も多いのではないでしょうか。本日は銀座の美容クリニックにて痩身治療などを手掛けている酒井先生から『効果を出すためのダイエット・痩身治療』について本音トークを聞いてきました。医師になる前は管理栄養士でもあった酒井先生から、ダイエット効果を高めるために必要な日常生活の注意点やマインドについて伺いました。

管理栄養士から医師へ。カラダの健康は毎日の食事から

--酒井先生は元々管理栄養士だったんですよね。医師になるキッカケは何だったのでしょうか?

元々、社会人になってからは製薬会社に勤務していました。管理栄養士の資格を持っており、派遣されたドラッグストアでお客様の骨密度をはかったり、栄養相談などを通して、お悩みにあったサプリメントをご紹介するような仕事でした。

そんな仕事をしているうちに、サプリメントも大事ですが、症状の裏には何かがあるかもしれないと考えるようにもなって。その人自身の生活習慣も問題があったりしますが、ホルモンの乱れなど、何か病気が影響しているかもしれない。できたらお客様のもっと根本解決に関わりたいと考えました。培った栄養学の知識も活かしながら、人のカラダについて学びたいと思い、働きながら医学部を受験し合格したんです。

--モチベーションがすごいですね!もともと管理栄養士をされていたのは理由があるんですか?

実は前から料理が好きなんです。色んなサプリメントは健康のために摂取はしているのですが、基本となる自炊や料理は大事だと考えています。インスタグラムのお料理アカウントで料理を載せ続けているくらい、料理がすごい好き。趣味で料理教室を開催することもあります。

ーーインスタグラムにもおしゃれな写真がたくさん!特に料理でこだわっている点はありますか?

野菜やお肉がメインのヘルシーな料理をレストラン風に見えるよう盛り付けを頑張ってます。料理自体は簡単なんですよ。見た目は頑張っていますね。今こだわっている調理法としては、栄養素を逃がさないように無水調理(ポットロースト)や、低温調理などを使っています。

お肉などは60度をこえると栄養素が変性し固くなってしまうのですが、60度を保ち長時間加熱することで、栄養素がなくならずにうまみがぎゅっと凝縮するので、薄味でも十分美味しいんですよね。

本当に痩せられる?ダイエットの美容施術について

--少し話が変わって美容施術について伺いたいです。特にダイエットのための痩身治療も様々あると思いますが、ズバリ聞きますが効果はあるのでしょうか?

正直、個人差が大きいです。脂肪細胞の数は生まれたときから決まっているので、例えば脂肪細胞ごととるような施術は極端に太ることがない限りは元に戻ることは考えにくいです。
ただ痩身治療だけに頼って、これで大丈夫と油断していると、失敗される方が多いです。

--脂肪細胞を取るような施術もあるんですね。こうした痩身治療は痛かったりするんでしょうか?

昔は手術による脂肪吸引しか選択肢がなく、全身麻酔が必要などリスクが高かったり、術後腫れなどのダウンタイムが長くハードルの高いものでした。今ではレーザーなど治療の幅が広がり、そちらの方がアメリカでは主流になっています。新しいレーザーなどの施術は切らない脂肪吸引とも呼ばれる施術で、痛みはほとんどないものが多いです。終わった後施術した部位が赤くなることはありますが、ダウンタイムも20-30分と短くなりました。

ーー痩身治療の効果が出てくるのはどれくらいですか?

脂肪を落としたい2カ月前に来られるのがベストですね。施術してから脂肪細胞がアポトーシス(死滅)していくのですが、だいたいそのくらいの期間はかかります。できれば結婚式など絶対その日という期限がある方は同じ場所を5か月~半年くらいかけて3回ほど施術されたほうが確実かと思います。

ダイエットの効果を最大限高める秘訣。

--ダイエットの施術は個人差があるとのことですが、効果を出すためはどんなことをしたらよいでしょう?

色んなダイエットと組み合わせることです。基本は食事と運動。クリニックでは、患者さんの食生活をヒアリングし、何をどんな風に食べてるか、時間等を聞いて効果的だなと思うことからアドバイスしています。例えば、血糖値が急に上がらないようお野菜や食物繊維を先に摂ることで脂肪を作りにくくするなどです。

食欲がどうしてもおさえられない人も、食欲をおさえるコツをアドバイスをしたり、糖質や油分がやめられない人は、そういった吸収を抑制する薬やサプリメントを補助的に摂って頂くなど、人によって様々ですね。運動は週に1回など、とにかく習慣づけることが大切です。ちなみに、私はまとまった時間をとって週に1回ジム、夜寝る前にストレッチするようにしています。

ーー経験則として、どんな方がダイエットを成功しやすいと思われますか?

痩身治療は20代前半~60歳の男女が幅広く来られるのですが、同窓会があるからそれまでに痩せたいとか、これくらいダイエットしたいと明確に決意されている方が成功すると思います。目標としては〇kg痩せたい、だけでなく痩せることによって具体的にどんなシルエットになりたいかが明確だと、より良いです。こんなパンツが履けようになりたい!とかここを自信もって出したい!など、部位を集中的にケアできるのも、痩身治療のメリットです。

痩身治療は確かに効果に個人差はありますが、きちんと努力する前提で治療を始めれば、努力は必ず報われると思っています。そんな、目標とするスタイルのために頑張りたい方の背中を押すために、医師として患者さんと関われたらなと思っていますね。

--酒井先生。ありがとうございました。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ