歯科医が伝授する!より良い口内環境を目指す日常の歯のケアとは

あくまで先生個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

あなたは歯医者に定期的に通っていますか? 毎日の歯のケアはその頻度からやり方まで十人十色……とはいえ、日々の歯磨きが将来 … 続きを読む 歯科医が伝授する!より良い口内環境を目指す日常の歯のケアとは

この記事は約4分で読み終わります。

あなたは歯医者に定期的に通っていますか? 毎日の歯のケアはその頻度からやり方まで十人十色……とはいえ、日々の歯磨きが将来の健康へのアプローチに繋がりますし、歯が元気であることは今後の人生の質にも関わってきますよね。

「歯医者には最低でも半年に1回は通ってほしい」と語るのは、都内で歯科医として勤務する花栗先生です。

笑顔が素敵で、明るくカラっとした性格の美女医、花栗志麻先生から歯科医になるまでの経緯や歯周病などの病気を防ぐために本当に必要な歯のケアについて伺いました。

周りの影響を受けながら働きやすさを重視して歯科医へ

――花栗先生が歯科医を目指したきっかけは何でしょう? 

「最初から歯科医になりたいと思っていたわけではありませんが、やはり家族の影響は大きいですね。

父親が医者、母親が薬剤師だったので、子供の頃から医療系の職業になりたいなと何となく思っていました。

ただ、父親は夜勤などで忙しそうなので、医師と薬剤師との間くらいで、何となく歯科医が良いかな、と考えました。職業はあまり深く考えずに決めてしまっています(笑)。

後付けですが、将来結婚をしても仕事は続けたいと考えていたので、夜勤のない歯科医は比較的続けやすいとも思います」

――歯科大学への入学を決意されてから、かなり勉強されたのでは? 

「お恥ずかしい話、中学校から高校まで女子校だったのですが結構学生時代はしっかり遊んでいましたね。母親が昭和大学の卒業生なので、私も同じ大学を受験することにしました。

でも高校2年生で模試を受けた際に、昭和大学がE判定で……このままはヤバイと思いましたね。それでも合格できたのは、高校生の時に同級生で歯科を目指している子が何人かいたおかげだと思います! 

私が周りの影響を受けやすいタイプなので、学校では自然と勉強に向かう環境が出来ていました」

職業も大事だけど何より働きやすさを左右するのは人間関係

――働きやすさで歯科医を選んだとのことでしたが、実際に歯科医になられていかがですか? 

「実は職場を変えた今は、とても働きやすい職場で働けています。歯科医なので当直がないことはもちろんですが、基本的に残業はなく、プライベートにも時間がとれます。

前職は体力的にも精神的にも厳しかったです。厳しい環境はありがたいと感じていましたが、長く続けることは難しいのかなと思い、現在の職場へ転職しています。

辛かったですが、一度経験したことで働くことについて真剣に考えるようになり、その他学ぶこともあったので、いい経験にはなったと思います」

――そうなんですね。新しい職場の方はいかがですか? 

「今の職場はとても院長がスタッフ思いで、プライベートでも息抜きに色んな場所へ連れて行ってくれます。スタッフ同士もとても仲が良くて、ランチの時間は毎回歯科医のメンバー全員で行くんですよ。

治療のチャレンジもさせてもらえる環境で、優しく教えてもらえるのでとても楽しいです! 

またスタッフは全員、昼食をとったら歯を磨くので、歯を磨く習慣も自然とできてしまいます。

少し前に私が別の病気で入院したのですが、その時も無理して診療に出ないように職場の理事長、院長や皆さんが大変気遣って下さり、融通をきかせてくださいました……非常にありがたい気持ちでいっぱいです」

日常のケアでは歯茎マッサージが歯周病予防のヒント

――歯科医の皆さんは普段どのような歯のケアをされているのでしょうか。

歯のケアは1日3回行っています。食事をとったらすぐに磨くようなイメージです。歯だけでなく、歯茎をマッサージするように磨くことが大事です。

美容でもマッサージをして血流を良くするように、歯茎も斜め45度くらいからブラシの毛先を入れて、細かく動かしながら磨きます。

こうして歯茎にもしっかりブラシを当て、血流を良くすることで、現代病でもある歯周病予防に繋がると考えられているんですよ。

マッサージに使う歯ブラシの毛先は柔らかめがおススメです。1回の歯磨きには3分以上かけるように患者さんにはいつもアドバイスしていますね」

――貴重な情報ありがとうございます! 最後に、花栗先生はどのような医師を目指していきたいですか? 

「ずばり、アットホームな歯科医です! オペや医療技術を磨いてスキルを広げていくことも勿論ですが、特に歯科は患者さんが通いやすくなるような雰囲気づくりがとても重要だと思います。

幸運なことに、今は先ほどお伝えした気さくな院長と一緒に仕事ができているので、その間によりたくさん学ぼうと思っています」

花栗先生の人柄もあり、たくさんの患者様に慕われている様子が目に浮かびますね。日常の歯のケアを大切にし、より良い口内環境を目指しましょう! 

先生の体験による成功例の紹介であり、効果効能を保証するものではありません。

花栗志麻先生

プロフィール:
昭和大学 卒業
この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ